女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三浦春馬似のイケメン
「ブラッディ・マンデイ」は、TBSの余計な力の入れ具合といい、海外ドラマリスペクトぶりといい、キャスト至上主義に喧嘩を売るような俳優陣といい、実に私好みのドラマに仕上がっている。
きっと最終回まで観てしまうだろう。
今期のドラマは豊作じゃ(今のところ)!
これで家に早く帰る理由ができた!よかったよかった。


・・・と。
観ていてふと、大学からの友人Kのことを思い出した。
なんせ、ヤツは三浦春馬にそっくりなんです。
「14才の母」ではじめて三浦春馬を見たとき、あまりに似てたので爆笑してしまったほど。


でも!


姿形こそ、Kは三浦春馬に似ているが、中身は似て非なるモノ。
画面の中で、若い輝きを放ちまくる三浦春馬とは、まったくの別モノ。
三浦とは月とスッポン以上の差があっても不思議じゃない。

だって・・・ Kは、「一分の狂いもないダメ人間」なんだもの。
もう、KOD(キングオブダメ)なのさ!



あれはウン年前。大学の入学式 ―
皆がドキドキした面持ちで会場の椅子に座っているのに
私の隣席でひとり爆睡していた男、それがKだった。
たかだか18歳で、あらゆることを諦めている感を漂わせていた。
そして実際、あらゆることを諦めていた。

新入生のくせに教科書を1冊も買わなかったのは、私の記憶する限りKだけである。

それでも、大学で最初にできた友人だ。
(ちなみに入学式の時は、スネを蹴ったら目覚めた)


奴は元気かな?
そういやもう1年会ってないな?
つか死んでんじゃね?
などと思っていると…



チャラララン?
注:携帯の着信音



キター!K!
ちょ。マジですか。何のテレパシーだよw
電話なんて年に数えるほどしか掛けてこない物ぐさ野郎が!



と、やや興奮ぎみに電話に出る。



「あー、たつた?昔、といっても俺らがガキのころだから90年代なんだけど、りぼんで連載してた、主役の女が男みたいで、女アレルギーの男に惚れる漫画のタイト…」





てめーの姉貴に聞け。



スポンサーサイト

テーマ:ドラマ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。