女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怒る先輩、あきれる新人
先日は、女の先輩による悪口の話
今回は、男の先輩による悪口の話。


トイレ事件の翌日、同期と一緒に、男の先輩(35歳くらい?平社員)と飲みに行った。先輩と飲む機会はめったにないので、これはチャンス。会社の内情をさぐろう。
さて、どういう風に切り込もうかな。

・・・が。
こちらが水を向ける前にきました。


「君ら、実際あいつらのことどう思ってる?
 今日はぶっちゃけで。オフレコで。」



おいおいおいおいwww
いきなりトップスピードだよ!
乾杯2秒後に悪口タイム開始かよ!


私達が口を挟む間もなく、出るわ出るわ。


「うちの会社の女性陣はCさんを除いて全員ダメ」
「特に、DとE、あいつらは最悪。影でコソコソ悪口ばっかり言いやがって」
「それにEは社内で一番、仕事をさぼっている」
「FとGは、不倫している。間違いない」
「上司Hは論外。上司として失格。俺より年下のくせに偉そうに」
「Iも上司Hのことは嫌っている。あいつに人望なんてない」
「上司Jはちゃらんぽらん。あんなに無能なヤツは見たことない」



固まる新人。

・・・・・・。


しかもこれらの枕詞は、
「俺は他人の悪口は言いたくないけど」だから凄い。


いやー、マジで大変だった。
でも、ある意味笑えた。


それに、この2日間で、悪口の真理を発見することができたよ。


女の悪口は、感覚(主に嫉妬と見下し)に起因するが、
男の悪口は、プライドに起因する。


つまり、

女は見下している相手をバカにし、
男は見下されることを許さない。



こりゃあ、男女バトルがなくならないわけだ。



この先輩の場合、まず「自分が優遇されていない」という思いが前提にあり、女に対しては「生意気」、男(上司)に対しては「自分より年下のくせに」という心理が働いているのだと思われる。

現に、自分より後輩かつ人当たりの良いCさんを女性で唯一評価し、自分より先輩かつ年齢が上の男性の悪口は言わない。悪口の対象になるのは、あまり喋ったことのない(=慕われていないと錯覚)女性社員と、同年代なのに上司である男性社員である。


女は、直感的に気に入らない相手なら誰彼かまわず悪口を言い散らすのに対して、男はプライドを傷つけられたときに悪口を言うので、男のほうが単純で分かり易いかもw


まぁ。そんなことが分かっても何の解決にもならんけどさ。
ああ嫌だ。何なんだよ、サラリーマン。



「この会社大丈夫かよ」という疑念は心の隅に追いやっています。
スポンサーサイト

テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。