女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひぐらしがないてたかどうかは知らね。
新型インフルになってしまい、自宅軟禁でどヒマなので夏の思い出を綴ってみる。


聖地を巡る旅、第二弾 (第一弾はこちら



あのゲームの

あのゲーム


あの村

ひぐらし

とっても、のどかだった
バス


あの神社
神社


?!  おまえら・・・。
おまえら
絵馬はすべて、アレ系でした。




実は私はゲームをしないので、ひぐらしについてもおおよその事しか知らず、ここが例の場所だということに、この絵馬を見るまで気付かなかった。

なんだか場違いなオタク系の集団が多いな?とは思っていたが。
なんだか妙にアングルを気にしながらカメラを連射する人が多いな?とも思っていたが。


中途半端に気付いてしまった私には、どいつもこいつも巡礼中の信者に見えた。向こうもそれは同様らしく、写真を撮る私のほうをじーっと見てくる人々もいた。
ある女子大生3人組は、やけに親しげな感じで


「あの・・・、もしかしてぇ」


「ちがいます!」


わたくし、くい気味で否定。
ちょっと大人気なかったかな?

せっかく女子大生とオトモダチになれるチャンスだったのにぃ。
・・・つか、今気付いたけど、このタイミングで否定するって、どー考えても「ち、ちがうんだからっ!(///)」の方だと思われるよな?本当にありがとうございました。




しかし、さすがは泣く子も黙る“世界遺産” 白川郷。ひぐらしせんべいも雛見沢クッキーも、売っちゃいない。オタクがどれだけ騒げど、白川郷側からオタクに媚びることはない。

さすがっす。カッケーっす。

スポンサーサイト

テーマ:うみねこのなく頃に - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。