女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑苦しい青春のおもひで
いつものバイトが逃げた一身上の都合で来られなくなったということで、知り合いの店長に泣きつかれてピンチヒッターに。
嫌だったけど、高額報酬をちらつかされると断れないのが貧乏学生の宿命・・・。




ウサちゃん水城19才@金欠






暑い。死ぬほど暑い。前が見えない。上手く歩けない。

子供はどこだ?!早く来てくれ!!




お待ちかねのお子様登場。

「ガキども、私は君たちを待っていた!さあウサチャンが風船をあげよう」








風船>>>ウサちゃん。


頭がとれてもスルー。





この苦い思い出を、なぜ今になって思い出したのだろうか。
暑いから?夏だから?


いや、違う。


現状(2009年夏)にシンクロしてるから・・・? orz


前後左右が見えないまま暑苦しい場所に閉じ込められていて、寄ってくる連中は全員信用ならない。やっと視界が開けたと思ったら、自分は汗と泥まみれで一人ぼっち。持っていたはずのものは全て搾取されていた・・・・。


笑えねーよオイ
スポンサーサイト

テーマ:アルバイト - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。