女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年の答え合わせ
新年に立てた目標をもとに、2009年をふりかえってみる。



× 華麗に修論を書き上げる →ダメダメ。もう全然ダメ

× スムーズに審査会を乗り切る →大炎上

× 笑って研究室をサヨウナラ →最後までゴタゴタ

◎ 卒業旅行と称して遊び狂う → 奨学金という名の借金で豪遊

○ 普通のサラリーマンになる → たぶん・・・なれたと思う。

× 遅刻しないサボらないキレない同期と仲良くする →無理でした。同じ配属の同期とはけっこう仲良い。キレてない。

× ラブラブカップルになる →最悪。誕生日に振られたり。ムラセ氏とかトリヤマ氏とも残りカスのような悶着あり。ちなみに新しい出会いはありませんでした。

× 料理とか毎日する →実家に帰る事で悪化。この1ヶ月は包丁すら握っていない悪寒。

× 掃除とか毎日する →ゴミの日すらよく知らない。ただし、荷物は引越し時のままダンボールに入っているのである意味では綺麗に片付いていると言(ry

× 減酒 →答えるまでもなく。

× 老化停止 →色々退化。

× 体力回復 →就職したら、運動する機会がゼロに・・・。体力ガタ落ち。あと、新型インフルエンザになって有給休暇が2日消えた。

× 美しくなる →失敗。サンタにもバレる肌荒れ。メイク講座に行ったが、結果宗教勧誘

△ 無駄遣いしない →必要なものを買わずに、余計なものばかり買っていた。でも、実のところはあんまり使っていないと思う(飲み代除く)。

× 服装とかちゃんとする →スーツにかまけて私服が・・・。来年こそ新年のバーゲンに行こう。

× 地デジ対応 →ブルーレイも一緒に欲しいんだよぅ。


結果。

◎が1

○が1


△が1

×が13



ちょっと・・・これは・・・・

2009年は、風呂場に閉じ込められるところからはじまり、ムラセ氏との復縁を強要されるところで終わった。
その間、泣きながら修論を書き、滝汗を流しながら修士審査会を乗り切り、なんとか修了でき、会社に就職し、リーマンになり、長く辛い研修を経て、大阪に転勤し、お局や先輩に厭きれ返り、話の長い上司に辟易し、不況を肌で感じ、・・・等と色々な経験をした。
必死にならざるをえないこと(=修論とか就職)があったので、ダメ人間にとってはかなり厳しい1年だった。
結果、×が13個という残念なことになってしまった。



で、総括。


修了できた から100点。

120点あげてもいい。
リーマン最高!給料貰えるって最高!精神的に楽すぎてワロタww




13個の×を帳消しにする、「退院」のインパクト。

来年も宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:今年1年を振り返ろう - ジャンル:日記

クリスマスの奇跡(結果報告編)
ゆうべ仕掛けた罠の、結果発表。


朝起きると。


ずっしり。

ずっしり
実るほどお尻が垂れる靴下かな。



こ れ は っ

期待 せざる を 得な い・・・!


いざ、 オ ー プン !



C
サンタクロースに、お肌の曲がり角を指摘されました。



つーかこれ、

そこの戸棚に置いてたやつ じゃ・・・?

見たことあるぜ?むしろ私が買ってきたやつじゃ・・・?




はいお疲れー。撤収撤収。
来年こそは恋人がサンタクロース作戦な。マジで。・゚・(ノ∀`)・゚・。



前回来た時から何ら進歩がない(むしろ酷くなっている)サンタクロースってどうよ。

テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

クリスマスの奇跡(ネタ振り編)
メリークリスマス!

みなさまいかがお過ごしですか?

わたくしは例年通り、仕事→寂しい同期と飲みというゴールデンコースを歩ませていただきました。本当にありがとうございました。



ずいぶん酔って帰ってきたら、部屋は真っ暗で・・・



家には誰もおらず・・・



メールはソフトバンク氏からしか来ず・・・



ケーキもなく・・・



プレゼントもなく・・・



うっ・・・泣かないもん!



しかしこれではあまりにも寒いので、最後の希望に掛けてみようと思います。
良い子にしていたから、きっとサンタさん来てくれるもん!

最後の希望

私の部屋は玄関脇だから、きっとサンタクロース的な誰かが気付いてくれるはず。そして、iPhoneかノートPCか地デジかバックか財布か靴か貴金属かコートを入れてくれるはず。



ワクテカでおやすみなさーい♪

乞うご期待。

テーマ:クリスマス - ジャンル:ライフ

酒とお金と男と女
忘年会終了。
無事に…ではないですが、何とか幹事を終えることができました。


ここで、前回の記事に書き忘れていたことをひとつ。


紳士・淑女の皆さん、

忘年会ではいくら払いますか?



というのも、お局さんから「会費は管理職が一番高く、次いで男性社員、女性社員は一番安くするように」という指示があったのです。


・・・??
何で?



管理職が多めに出すのはいいとして、等級も給与もバラバラな男性社員と女性社員をひとくくりにして差をつくる理由がわからない。女だって貰ってる人は貰ってるんだし、そんな人たちよりカッスカスの新人男子がより多く払うべきか?
お局さんは「男性のほうがよく食べるし飲むから」と仰るが、コース料理&飲み放題だから、そんなの関係ないし。アルコールが飲めない人を少し安くするというならまだわかるが、男女で分ける必要あるか?


つか、誰よりも食べそう&飲みそうなアンタにゃ言われたくねーよ!w


という一件がございました。
結局は先輩の言うとおりの会費を集めることになったんだけど、未だに釈然としないんだぜ・・・


ラボ時代は、教授・准教授クラスがドバッと払い、あとはポスドクと、博士課程で給料もらってる人が払い、学生は少しだけ払い、よく飲む人間は他より多めに出す、というのが定番だった。
間違っても男と女で会費が違うということはなかった。
そんなことになったら大論争になって死人が出たと思う。
これが社会と大学との違いなの?
・・・いやいや、カルチャーショックで済む話ではない気がするぞ!



うちの会社は何だかんだいっても、男性優位の気配が漂っている。お局連中もそれについて色々とムカつくこともあるんだろーけど、自らの弱い立場を利用して、個人的な利益を追求するようになったらもう終わりだろJK。社会の癌めっ!


ことあるごとにジェンダー云々言い出す上昇志向の女も嫌いだが、オバチャンになっても女の子ぶってバブリーなことぬかす女はもっとムカツク。不況世代代表として。

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

忘年会爆弾MG5(マジギレ5秒前)
忘年会シーズンですね。
どこの新人も、幹事でしょうね。
ええ、私もです。
準備のためにせわしなく動いております。


私たち新人が飲み会を仕切るのは初めてなもんで、参考のために先輩の意見なんかも聞いてみたんですが、揃いも揃って死ぬほどめんどくせーこと言いやがる 懇切丁寧にレクチャーしてくれたんです。先輩方の貴重なご意見、奇妙な行動、信じたくない現状は下記の通りです。


レベル1
男「飲み放題は基本だな」
男「焼酎がない店には行かない」
女「場所は近所。電車には乗らない」
女「モンテローザ系列はダメ」

あったりまえだぜ先輩よぅ。
そこんとこはラボパシリ歴3年の私に任せて♪


レベル2
男「蕎麦アレルギーだから」
女「生魚とか、とにかくナマ物は食べられない。刺身なしね」
男「野菜は食べない」
女「中華か和食かといえばどっちも」

オ、オーケイ先輩方。
割と面倒くさいことも平気で言うのね!


レベル3
女「鍋はありない。絶対NG
女「イタリアンもダメ」

えっ、なんで?!
答え→鍋もパスタも上司に取り分けるのがイヤだから。
今時そんなこと求める上司ウチにいねーよw つか、やるとしても新人の仕事だろ。おまえらは「気配りできる私って素晴らしい=正社員にしてくれアピール」をやりたいけどやりたくないだけだろJK


レベル4
上司「本社にも声を掛けとくように」
女「本社の人間は呼ばないように」

矛盾してんすけど!!
「声を掛けつつ、断られろ」ってことか・・・。その気持ちはわかる。わかるが、その指令は難しいよ。ハードル高すぎる。


レベル5
【1ヶ月半前】
ある女「行けるか行けないかわからない」
私「いつ頃ならわかりますか」
ある女「さぁ?未定にしといて!」

【5日前】
私「忘年会の件なんですけど・・・」
ある女「ああ・・・、行くよ。行きたくないけどっ!」
私「(イラッ)」

【4日前】
別の先輩「ごめん、子供をあずけられなくなったから忘年会やっぱり行けない」
私「承知しました、残念ですが。」
別の先輩「他はみんな参加するんでしょ?ごめんね」
ある女「ちょっと!私はまだ行くとは行ってないわよ!」

おまえ昨日行くって言ってたじゃねーかwsddrftgyふじおk
旦那も子供もいないアラフォーが平日の夜に何の用事があんだよ!カルチャースクール(笑)か?おまえの偏食リクエストにさんざん振り回された新人の努力はどうなる?!
ええい、もう来るな!!!!婚活でもベリーダンスでも勝手にやってろ!死ね!


レベル6
某外資系からのヘッドハンティングで最近入社した“いかにも外資”“やり手”“お偉いさん”が本社から参加することになった。はい、レベル4の指令失敗しますた!スイマセン。
それにしても、場違いとはこのことである。絶対に断られると思ってた。何で断らなかったんだ?!
一同ざわざわ。


レベル7
こっちで一番偉い上司 「ちょっとその日は

出張を…ゴニョゴニョ」
 
 


こいつ・・・逃げる気だ。。。。
自分が「本社に声掛けろ」って言ったくせに。。。   →今ここ!




どうなる、忘年会。
私を「注がれるがままに飲む係」にしてくれないかな。「発生した問題をシラフで処理する係」は、別の新人がやればいいじゃん。記憶を消したモン勝ちな予感がビンビンするぜ。

テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。