女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
研究室が廃人をつくる裏側
何もかもが上手くいかない・・・。
こんなときに思い出すのは、ダメ院生時代のことだ。
今夜は、あの異様な日々を冷静に振り返ってみよう。


当時、研究室には20名ほどのメンバーがいた。


まず最初に、ドクター3年のA氏が壊れた。
自分の頭脳と才能に圧倒的な自信を持っていた彼は、自分より成果を出している人物がいることを許せず、その人、ポスドクB氏を攻撃しはじめた。攻撃対象は、B氏から、教授、同期、後輩にまで拡大し、最終的には暴力沙汰を引き起こして、別の研究室に去っていった。呪いの言葉を残して。
「おまえが成果を出せたのは教授に贔屓されているからだ。バカのくせに。今すぐ研究者を辞めろ」
このメールは、メーリングリストで全員に配信された。


つぎに、そのポスドクB氏が病んだ。
原因はもちろんA氏である。優秀かつ善良かつ温厚なB氏は、A氏の攻撃を回避する術を持たないばかりか、A氏を絶望から救おうとすら考えたようだ。もちろん、精神を壊したA氏にはあらゆるフォローが無駄だったし、最終的には逆にB氏の精神をも蝕んでしまったのだ。恐らく、B氏の人生初の挫折だったのではないだろうか。人格者のB氏が私たち後輩を心配させまいとして見せる、悲しい笑顔を忘れることはできない。
B氏は、A氏が去るまで半年間、研究室に姿を見せなかった。


つぎは、わたしの同期のC子が鬱になった。
非常に頭がよく、繊細で、高い感受性を持つ彼女は、いろいろなことに悩んでいた。その中のひとつが、直接の指導者、ドクター2年D氏との関係である。D氏は努力家で知識人ではあるが、頭が固く、思い込みが激しく、ヒステリックな一面を持っていた。それに、他の先輩に比べて研究の才能が無かったし、頭が良いとはいえなかった。後輩にモノを教えることに、まったく適していなかった。C子はそんなD氏との関係に悩み、苦しみ、あまり研究室に来なくなった。とどめをさしたのは、彼女が久しぶりに研究室の飲み会に来たときに、女の先輩たちが放った「C子さん、太った??」の一言である。彼女たちにしてみればただの軽口だったが、C子にとっては地獄だった。C子はその後、鬱病と過食症に苦しむことになる。彼女は今も、休学中である。


ちなみにC子がそんな状況になっていたことを、彼女が休学するまで、私は知らなかった。なんという役立たずぶり。自分にほとほと嫌気がさした。加えて、事情を少しばかり知っていたにもかかわらず、精神的なフォローもせず、根本的な解決策も示さず、 「落ち着くまで休んだ方が良い」とC子をただ突き放した教授にも腹が立った。不満をぶつけてみたが、頭が良すぎるために弱者の心を理解できない教授は、論理的な回答以外を口にしなかった。すなわち、 「病気なら休むしかない。要望があるなら聞く」と。
まったく、馬鹿げている。


つぎは、C子を追い込んだD氏が鬱になった。
先述したとおり、誰よりも努力家だが、誰よりもセンスがなかった彼は、ことごとく教授と対立した。教授は、無駄な努力をするバカが嫌いだった。天才型の教授は、努力で何とかしようと思ってガムシャラに頑張った挙句に失敗したり、本筋とは外れた方向にいってしまう研究者をまったく相手にしなかった。学部生やマスター等の雑魚はともかく、ドクター以上の人間に対しては、 「センスなきものは去れ」と本気で思っていた節がある。
D氏のドクター論文直前は、毎晩のように教授との言い争いがあった。議論の最後には、きまってD氏が泣き崩れた。そして、自分のデスクに貼った「うつだと感じたら」というポスターを、真昼間から眺めることが多くなった。
彼は博士を取得後、どこか別の研究室に去っていった。


つぎは、研究生のEくんが消えた。
近所の大学から卒論を書くために研究生として来ていたEくんは、2ヶ月たったあたりから来なくなった。理由は誰も知らないが、彼が消える間際に「ここにくるとお腹が痛くなる」と言っていたのを誰かが聞いたようだ。けっきょく、一度も帰ってこなかった。


最後に、ポスドクのF氏が突然フェードアウトした。
本当の理由は誰も知らない。他の誰よりも、あまりにも予兆がなかったからだ。しかしやはり、鬱だった様子。女性っぽい仕草だったF氏が、そのことで色々言われたということが、研究室を去った理由の最有力候補らしい。彼が本当にゲイだったのかは知らない。
今では別の研究室で、楽しそうにやっているようだ。



以上のように、3年間で6人がダメになった。
メンバーの3割を鬱にする場所、それが研究室である。


ちなみに上記は、明らかに鬱病となった6人だけを挙げているので、鬱未満を含めればもっと大勢の病んだ人々がいるだろう。私の場合は、鬱になるような緻密な性格ではないので、ちゃらんぽらんの行く末=ダメ院生に堕ちた。

これは決して大袈裟な話ではなく、どこの研究室にもある話だと思う。別の研究室の同期には、精神障害を持った助教授に攻撃されて逃亡し、樹海でギリギリのところを保護されたヤツや、大学を相手取った裁判中の子もいる。隣の研究室では、日頃はとても温厚だった方が、送別会の場で「あなたがたに感謝することはひとつもない」と言い放ち、もらったばかりの博士号の証書を破り捨てたという。

何より恐ろしいことは、このような状況でも、人々は平然と研究を続けるし、週末のたびに飲み会をするし、楽しく雑談する。まさに平和そのものの日常風景が、毎日繰り広げられるのである。脱落者のことはちょっと隅に置いておいて、人々は自分の成果を上げることだけを考えている。

そして私も、紛れもなくその一員だった。最初はいちいち気になっていた同僚の脱落が、研究に追われ、先輩に叩かれ、逃亡に忙しく、自分のことで精一杯になってくると・・・、誰の具合が悪くなろうと誰がいなくなろうと、「あぁ、またか」としか感じなくなるのだ。かつてあれだけ軽蔑した教授と同じだ。



あの時代に比べると、今の生活は捨てたもんじゃないかもね。
痛みを痛みとして感じるもの。
スポンサーサイト
怒る先輩、あきれる新人
先日は、女の先輩による悪口の話
今回は、男の先輩による悪口の話。


トイレ事件の翌日、同期と一緒に、男の先輩(35歳くらい?平社員)と飲みに行った。先輩と飲む機会はめったにないので、これはチャンス。会社の内情をさぐろう。
さて、どういう風に切り込もうかな。

・・・が。
こちらが水を向ける前にきました。


「君ら、実際あいつらのことどう思ってる?
 今日はぶっちゃけで。オフレコで。」



おいおいおいおいwww
いきなりトップスピードだよ!
乾杯2秒後に悪口タイム開始かよ!


私達が口を挟む間もなく、出るわ出るわ。


「うちの会社の女性陣はCさんを除いて全員ダメ」
「特に、DとE、あいつらは最悪。影でコソコソ悪口ばっかり言いやがって」
「それにEは社内で一番、仕事をさぼっている」
「FとGは、不倫している。間違いない」
「上司Hは論外。上司として失格。俺より年下のくせに偉そうに」
「Iも上司Hのことは嫌っている。あいつに人望なんてない」
「上司Jはちゃらんぽらん。あんなに無能なヤツは見たことない」



固まる新人。

・・・・・・。


しかもこれらの枕詞は、
「俺は他人の悪口は言いたくないけど」だから凄い。


いやー、マジで大変だった。
でも、ある意味笑えた。


それに、この2日間で、悪口の真理を発見することができたよ。


女の悪口は、感覚(主に嫉妬と見下し)に起因するが、
男の悪口は、プライドに起因する。


つまり、

女は見下している相手をバカにし、
男は見下されることを許さない。



こりゃあ、男女バトルがなくならないわけだ。



この先輩の場合、まず「自分が優遇されていない」という思いが前提にあり、女に対しては「生意気」、男(上司)に対しては「自分より年下のくせに」という心理が働いているのだと思われる。

現に、自分より後輩かつ人当たりの良いCさんを女性で唯一評価し、自分より先輩かつ年齢が上の男性の悪口は言わない。悪口の対象になるのは、あまり喋ったことのない(=慕われていないと錯覚)女性社員と、同年代なのに上司である男性社員である。


女は、直感的に気に入らない相手なら誰彼かまわず悪口を言い散らすのに対して、男はプライドを傷つけられたときに悪口を言うので、男のほうが単純で分かり易いかもw


まぁ。そんなことが分かっても何の解決にもならんけどさ。
ああ嫌だ。何なんだよ、サラリーマン。



「この会社大丈夫かよ」という疑念は心の隅に追いやっています。

テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

怒るお局、おびえる新人
お昼休みのひととき。


建物内の僻地にあるトイレで休憩していた私。
いや、あくまで休憩だから。昼休みだしね。
(だってここしか優雅にネットできる 用を足せる場所がないんだもの)


そこに、先輩が2人、ドヤドヤと入ってきた。


おかしい・・・!
こんな僻地のトイレに来るか普通?
私だって、なるべく人が来ないところで寛いでいるのにさ。





と、そして・・・

A 「ねーねー、アイツ、ありえなくない?何考えてんのかね、あれ。むかつくわー」
B 「そうですよねー、マジ、最悪。キャハハハ?」



わ、わ、悪口inトイレ キター!!


少し距離があるので、断片的にしか会話が聞こえない。それに、私はまだ社内の人間関係を把握していないので、誰のことを言っているのかまったくわからない
彼女たちは、洗面所に居座って、メイク直しをはじめたようだ。しかもそれが長い。なかなかメイクが終わらない。悪口も終わらない。


で、出るに出れねぇーー!


やべー、やべーよ。
というか、いい年こいて影でニヤニヤ笑いあうようなガキくせぇ悪口いってんじゃねーよ!
女子中学生かっ!見損なったぜ!
二人とも優しくて仕事のできる先輩だと思ってたのに。
まぁ、いつも目は笑ってなかったけどさぁ。


そんなガクブルな私の耳に飛び込んできた言葉。


A 「・・・だから、業務中にさぁ・・・何しに会社来てんだって感じで・・・」


パードン?!
今何つった?!



も、も、もしかして。私のこと?!
(水城@トイレでネット中) 




うっ、うっ、うわーん!

バタン!!!


「う、う、うるせーバカ!おまえらこそ、何やっても代わり映えしねーツラに染料塗るために15分も公共の洗面台を占領しやがって!ちゃんと目の前の鏡見てんのか?それこそ業務中にすることじゃねーだろJK」




・・・というのは大嘘で、個室でドキドキしながら彼女らが化粧を終えるのを待っていた私でした。
試合に負けて、勝負に勝ったと思いたい。

つか、被害妄想だと思いたい。

テーマ:職場の愚痴こぼし・毒吐き場 - ジャンル:就職・お仕事

会社の同期はライバルか?(配属発表編)
新入社員につきものの、配属
つい先日、正式配属の発表があった。


私は、予定通り、事業所的にもそれしかないところに収まったが、やはり ・ ・ ・ 本社には不本意なところに行かされた同期も幾人かいるようで。


聞くところによると、内示を受けて泣き崩れた同期もいるらしい。
その後、同期たちの間に微妙な空気が流れ、よそよそしい感じを醸し出しているとのこと。配属の話はタブーになってるようだ。その上、花形部署に首尾よく収まった面々は、早くも火花を散らし気味。
それでいて表面上はとっても仲の良い感じを取り繕ってさ。


いやー、サラリーマンって大変だよね!


今までも同期は仲良くなれないもんだと思っていたけれど、院生同期の争いと、会社同期の争いって毛色が違うね。院生は個人事業主みたいなもんだから、気に入らない相手を無視しても、「おまえの仕事は何の意味も無い」とか面と向かって言っても、たいした問題じゃないけどさ(怖いことに)。
会社だとそういうわけにもいかんしね。


なるべくこういう争いとは無縁でいたい。
そんな初秋の一日でした。



つか、一番恐ろしいのは、その配属がみょーに納得できることだよ。上司や人事って、見ていないようで意外とよく新人を見てるんだね・・・怖ぇーよ (((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

みなさんのところはどんな感じっすか?

テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

しんぼる
休日出勤でむしゃくしゃしてたので、観てきました。


目覚めたら白い部屋に閉じ込められていた男(松本)が、脱出を試みるというお話。
同時に、メキシコのプロレスラー・エスカルゴマン一家の挿話が進行する。

しんぼる


一見関係のない、2つのストーリーはどのように融合するのか?
そもそも男は何者か?
白い部屋は何なのか?
「しんぼる」とは?


これらの答えは、一応、ラストで示唆される。
それがなんとも・・・香ばしいの。
もしかして松ちゃん哲学語ろうとしてる?っていうギリギリな感じ。違うんだろうけどさ。しかし客としては、「それがどーした」としか言いようがない。どっちでもいいよ、と。
同じ不条理劇でも、前作「大日本人」よりは分かり易いオチだけど、エンターテイメント性は前作以上に低いので、観てもあまり得することはないと思います。良くも悪くも、元ネタ(キューブリック)ありきのワン・アイデア・ムービーかなぁ。


率直に、「つまらん。おまえの映画はつまらん。そしてわからん。寿司とプロレスのシーンは笑った」と言うのが正解なんじゃないでしょうか。純粋な感想です。あと、このパジャマ欲しい。8400円は高すぎるよ。
「あれはああだよね、これはあれでしょ?うーん、カントクのやりたかったこと、ボクはわかるけど、一般客にはねえ?どうだろう。ボクは楽しんだけど」というようなオナニー評論はアホかと。



エラソーなこと書いたけど、ホントの感想は、「私ならあの快適そうな空間から出ようと思わないかも」っすw

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

新型インフルエンザ患者への仕打ち
差別反対!!反対!!


被差別新型インフルエンザ患者は立ち上がれ!!


風評被害と戦おう!






これが5日間。



部屋から出るの禁止。
トイレは誰もいないときにダッシュで。
家の中で私の通る道筋は常にシュッシュと消毒。
私と少しでも喋ったら、即手洗い&ウガイ。
むしろ家族の姿なんか、ほとんど見てない。
ていうか軟禁中に一番長く会話したのは、上司 (休み連絡)。


あげくに、「夏季休暇と有給使え」ってどういうことじゃオイ!!!
バカヤロウ!!責任者出て来い!!


この恨み、はらさでおくべきか!




という怒りパワーが功を奏したのか、元気モリモリで復活しました。
みなさんも、インフルにはお気をつけて。

けっきょく、不安で燃え上がった民衆の前では理系修士からの論理的な説得など無意味だからな。

テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:心と身体

ひぐらしがないてたかどうかは知らね。
新型インフルになってしまい、自宅軟禁でどヒマなので夏の思い出を綴ってみる。


聖地を巡る旅、第二弾 (第一弾はこちら



あのゲームの

あのゲーム


あの村

ひぐらし

とっても、のどかだった
バス


あの神社
神社


?!  おまえら・・・。
おまえら
絵馬はすべて、アレ系でした。




実は私はゲームをしないので、ひぐらしについてもおおよその事しか知らず、ここが例の場所だということに、この絵馬を見るまで気付かなかった。

なんだか場違いなオタク系の集団が多いな?とは思っていたが。
なんだか妙にアングルを気にしながらカメラを連射する人が多いな?とも思っていたが。


中途半端に気付いてしまった私には、どいつもこいつも巡礼中の信者に見えた。向こうもそれは同様らしく、写真を撮る私のほうをじーっと見てくる人々もいた。
ある女子大生3人組は、やけに親しげな感じで


「あの・・・、もしかしてぇ」


「ちがいます!」


わたくし、くい気味で否定。
ちょっと大人気なかったかな?

せっかく女子大生とオトモダチになれるチャンスだったのにぃ。
・・・つか、今気付いたけど、このタイミングで否定するって、どー考えても「ち、ちがうんだからっ!(///)」の方だと思われるよな?本当にありがとうございました。




しかし、さすがは泣く子も黙る“世界遺産” 白川郷。ひぐらしせんべいも雛見沢クッキーも、売っちゃいない。オタクがどれだけ騒げど、白川郷側からオタクに媚びることはない。

さすがっす。カッケーっす。

テーマ:うみねこのなく頃に - ジャンル:ゲーム

新型インフルエンザはじめました
いやー、流行を先取りしちゃいましたよ。



A型インフルエンザ☆




マジです。
会社第一号です。
身近でも第一号です。



....orz


のどは痛いし、咳は出るし、熱は出るし、
めちゃめちゃ重要な社内行事を休まねばならんかったし、
家族もみんな自宅待機(そういう社則らしい)だし、



いいことひとつもねーよ!!
新型インフル!バカ!


月曜日に出張で新幹線のったときに隣に座ってた大学生風の青年!おまえだよおまえ!おまえ、やけに咳してたな?!
こんな時期に長距離移動なんてしてんじゃねーよ!!




「今思えば死ね」の図。





というわけで、隔離生活を強いられています。

私の父は、疾病にかかることを極度に恐れるチキン野郎なので、私には自室でのリアル隔離政策がとられています。父とは会ってません。
家の外どころか、家の中も満足に歩けません。
もう峠も越えて、とっても元気なのに。退屈でしかたないのに。


なんという理不尽な仕打ち!
差別だ!!!酷すぎるぞオヤジ!
家族が寝静まった夜にごそごそ活動するなんて、いつかテレビで見たリアル引き篭もりの生活じゃないか!



少しでも良いことを探してみた。

・どうせ罹患するなら早めにかかって良かった。
 タミフルたくさんあるし。
・私もまだ若い子だった。(患者に若者が多いから)


なんと。2個しかない。
しかも、2個目は無理矢理だし。




インフルエンザだというのに、真昼間からテレビとネットをフル稼働させつつ、「プリンが食べたい」などとワガママなことを言っているのは、タミフルがもたらす異常行動です。あくまでタミフルのせいです。

テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:心と身体

copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。