女にスペックを問うべからず
新社会人(元ダメ院生)、哀しみの記録。 あえて言おう、「小さくまとまってんじゃねぇ!」と。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
簡単レシピ★ダメ院生のつくりかた
■ 材料
基本的に、研究室のあまりものでOKです。
何を使っても失敗はしませんよ♪


大学院生・・・新鮮なM1が良いでしょう。M2や学部生でも代用は可能です。

指導教官・・・・教授など。厳しいものが良いでしょう。
同期・・・・優秀なもの。なくても大丈夫です。

A
先輩・・・・余裕のない人を適量。
ポスドク1・・・無能、あるいは理屈っぽいもの。多いほど良い。
ポスドク2・・・人格破綻者を少々。

B
ポスドク3・・・優秀なもの。1?2つ。


研究テーマ・・・自由。

アルコール・・・大量。


■ 調理時間
個人差、専攻分野の差はありますが、0?6ヶ月以内に完成します。


■ つくりかた

1.新しく入ってきた学生に研究テーマの希望を聞きます。
たいていの場合「よくわかりません」と答えるので、適当に泳がせておきましょう。生意気にも希望を述べる学生には「それはここではできない」と言います。


2.新入生歓迎会をひらきます。
アルコールはもちろんですが、Aをすべて動員するのを忘れずに!自然に、ディスカッションという名の口論がはじまります。
そこで起こるすべてを学生の目に焼き付けさせましょう。
最後にしっかり酒で潰すことも重要です。


3.適当に研究テーマをあたえます。

「自由にやってみろ」という一言を添えてください。
以降は、そこらへんに放置します。


4.行き詰った学生が質問に来ます。

が、Aにパスしましょう。
何となく苛立った学生とAが不毛なやりとりを展開するはずです。


5.ほどよいところで、Bを投入します。
学生の研究に関する疑問は解決するでしょう。
が、AとBのディスカッションがはじまります。
学生には口を挟ませず、一部始終を目撃させましょう。


6.教授とBの深夜の会話に、学生をほりこみます。
さりげなくかつ大胆に、Aの悪口を聞かせましょう。
「あいつらは研究者としてダメだ」というセリフは必須です。



※重要※ここまでで、研究者の世界の実態を叩き込みます。研究への希望や憧れは、こっぱみじんに潰しておきましょう。下準備ができれば、あとはもう一押しです。



7.研究報告会をひらきましょう。

10分もあれば十分です。学生は何らかの報告を喋りますが、きちんと聞く必要はありません。
発表を聞き終えたあとの第一声は「君はいままで何をやっていたんだ?」です。これは伝統的に決まっていますので、勝手に変えないように。
その言葉にAが便乗して、場を盛り上げてくれます。その学生の同期をテキトーに褒めてみるのもいいかもしれません。
最後は「その研究に意義が感じられない」で華麗に〆ましょう。
  

8.学生を研究室で見かけなくなります。
気にしてはいけません。どうせ「就活を・・・」などと言うに決まっています。どうしても何か言いたい場合は「もう来なくていいから」ぐらいにしておきましょう。


  
9.じっくりコトコト煮込みます。





10.ダメ院生の完成です(^o^)/





冷めても美味!オススメの一品!
スポンサーサイト

テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

この道を行けばどうなるものか
てくてく・・・・
今日も仕事が進まなかったが・・・疲れた・・・











ぶつぶつ・・・・
それにしても・・・これマジで締め切りに間に合うのか・・・
考察がとにかくヤバイ・・・
3









やっぱりこのままのペースじゃ終わらないか・・・ぶつぶつ・・
こうなったら、最悪、2章の内容を大幅に削ってだな・・・
2












1





どちくしょおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ(血涙)

テーマ:il||li _| ̄|○ ilil||li ハァ・・・ - ジャンル:日記

害だらけの社会不適合者
午前5時。酒席でのできごと。



ポスドク「君、○○の原理知ってる?」


私「え?うーん、一応、知ってると思ってます・・・」


ポスドク「なに?じゃあ、なに??」


私「今、言わなくちゃいけないんですか?」→ここらへんからイライラ


ポスドク「知らんのか」


私「いや、大まかには・・・知ってますけど。」


ポスドク「説明して。ほら」


私「説明って・・・。何をどういう風に言えばいいんでしょう。えーっと、(拙い説明)」


ポスドク「えっ?今何て?違うやろ。」→超揚げ足取り


私「ああ、違いますか。すいません。」


ポスドク「○○のメリットは?」


私「メリット?それは■■という話ですか?」


ポスドク「それで?なに?言ってみ」


私「(こいつ・・・・!!!!)もう全く知らないでいいです。で、その原理が何か?これ一体、何の話ですか?」



ポスドク「ほら、知らんやろ。バカ。バカだ。そんなことも知らないバカが○○を使うなんて許せんうんぬんかんぬん」







死ね!2秒後に死ね!!!!
おまえにテストされる筋合などないわ!

こいつが中央大のトイレで刺殺されていたら私を疑ってくれても(ry



まったく恐ろしいことに、この人はふざけているわけでも冗談でもなく素でこういうことを言う。

狭すぎる研究の世界に生き、精神レベルも学生のまま、社会を知ることなく、友達もおらず、家族にも見捨てられ、自分の価値感のみを基準に複数年を過ごすとこうなるのだろうか。

さらに恐ろしいことに、コイツのような社会不適合者がこの世界にはザラにいる。




ああ・・・早く出て行きたいよぅ。

テーマ:(`д´)ウオォォォ!! - ジャンル:日記

切羽詰ったM2の苦悩

修論ができない。



あまりにもアレな内容に愕然とする。(わかってたけど、改めてね)


もう書く気力がない。
嫌で嫌でたまらない。


卒論に毛がはえた程度のデータを、無理やり修論にする作業は苦痛以外の何物でもない。
書けば書くほど下らない内容に思えてきてどーしょーもない。

文章の言い回しがどうであろうと、データを載せる順番をどうしようと、構成をどうしようと、どんな論文を参考にしようと、どうなるわけでもないだろ?

ゴミをラッピングしてみても、ゴミでしかないじゃねーか!

何十ページもかけて壮大な言い訳を書いているだけだ。


書いて出すことはできるだろう。
何なら、今終わってもいい。
こんなもんどこで終わっても一緒だ。


きっと修了もできる。
修論なんて出せばおkなんだから。


でも終わらせてくれない抵抗勢力がある。

ボスや先輩はもちろん、実は自分でもこのまま終わるのはどーかと思っている。


この期に及んで・・・。

実験をやり直したり付け足す気力もないくせに、
いっちょまえに「これはどーよ」とか思っている。

おい、私!
屁のツッパリにもならない見栄や外聞なんぞ、さっさと捨てちまえ!!


「私はここまでしかできないし、もうこれ以上何もやりたくありません。すいませんでした。目をつぶってください。私の存在を忘れてください。もう勘弁してください。私も退院したら研究のことはキレイサッパリ忘れますので。税金ドロボーといわれても仕方ないです。本当にありがとうございました」



と言って、逃げ出す勇気がほしい。




修了した1ヵ月後にはこの苦悩を忘れ、きっと同じことを繰り返すのだ。ダメ院生クオリティ。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

研究室のリアル

ゴミ、論文、暖房器具、コーヒー、資料、切羽詰った同期、ゴミ、実験サンプルのかけら、ゴミ、気楽なポスドク、使えないデータ、常に調子が悪いパソコン、ゴミ

などに囲まれて、終わらない修論を書く。

書く。書く。
考える。
行き詰る。
突破口が見えない。
論理がつながらない。
さらにデータの不足を発見する。

ここにきて、まさかの実験再開。
とりたてのデータを貼り付ける。


それでも終わらない。
トンネルの出口が見えない。
こいつはマジでシャレならん。
もっと早くから書いておけばよかった。
もっとちゃんと研究してればよかった。

エンドレス後悔。



と、 そ こ に ・ ・ ・


修論を書き終わった系の同期が陽気に登場。





あのさ、やっぱ卒業旅行は上海にしようぜっ!










むしろ、殺してくれ。

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:日記

無謀な2009年
あけましておめでとうございます


2008年は、実験に行き詰まり、研究室のしがらみに悶絶し、
友人関係を清算し、男関係に爆死し、体調は常に悪く・・・(エンドレス)


という感じでしたが、
今年はなんてったって「退院(大学院修了)」の年ですからね。


社会人クルー!



頑張ります。

一年の計は元旦2日にあり、とくとご覧あれ!


・華麗に修論を書き上げる

・スムーズに審査会を乗り切る

・笑って研究室をサヨウナラ

・卒業旅行と称して遊び狂う

・普通のサラリーマンになる

・遅刻しないサボらないキレない同期と仲良くする

・ラブラブカップルになる

・料理とか毎日する

・掃除とか毎日する

・減酒

・老化停止

・体力回復

・美しくなる

・無駄遣いしない

・服装とかちゃんとする

・地デジ対応





うん、無理め。


でも、これ↓だけはできそう(はあと)
卒業旅行と称して遊び狂う 




frbk

ダメ院生ならびにダメ人間のみなさま、今年もよろしくおねがいします。



テーマ:謹賀新年 - ジャンル:日記

copyright © 2005 女にスペックを問うべからず all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。